よくあるご質問

質問: 翻訳の見積もりを依頼するのに、どのようなデータが必要ですか?
答え: 実際の翻訳原稿をデータでいただけると、正確なお見積もりを出すことができます。翻訳原稿が紙媒体しかない場合は、文字数をカウントしますので、多少お時間を頂くことがあります。
また、データをいただけない場合は、文字数の量と、文章の内容を簡単に教えていただければ、おおよその見積もりをお出しすることは可能です。 お見積もりは無料です。

 

質問: Webサイトの見積もりも依頼できますか?
答え: はい、できます。対象サイトのURLをお知らせください。弊社で文字数をカウントし見積書を提出いたします。

 

質問: 翻訳の見積もりは無料ですか?
答え: はい、無料です。

 

質問: 翻訳料金はどのように算出されますか?
答え: 原稿の文字数、専門性、難易度および希望納期を考慮して算出いたします。原稿の文字数は、原稿の全文字数、記号および句読点を含めます。

 

質問: 翻訳の最低料金(ミニマムチャージ)はどのくらいですか?
答え: 最低受注文字数は400文字ですので、400文字以下のデータは400文字分の料金となります。

 

質問: 翻訳を発注したあとのキャンセルは可能ですか?
答え: 発注後のキャンセルはお受けできませんので何卒ご了承ください。

 

質問: 翻訳の納品はどのような形式で受け取るのですか?
答え: メールにて納品いたします。ファイル形式はテキスト、MS Word/Excel/Power Point, PDFなどの形式でご対応いたします。

 

質問: 納品後に修正が必要な場合は対応できますか?
答え: オリジナルの原稿に修正が発生した場合、変更部分を追加で翻訳料を申し受けます。弊社からご提出いたしました翻訳に修正が発生した場合は、追加料金はいただきません。

 

質問: 機密保持はどのように対応していますか?
答え: 弊社では守秘義務の遵守を徹底しています。必要な場合には機密保持契約誓約書を提出させていただきます。

 

質問: 繁体字の翻訳も対応できますか?
答え: はい、できます。台湾向けの資料は台湾人による翻訳、香港向けの資料は香港人による翻訳をおこなうため、よりネイティブにとって自然な翻訳となります

 

質問: なぜ翻訳の料金に幅があるのですか?
答え: 翻訳する資料の内容、専門性および難易度などによって異なってきます。また日本人チェッカー、バイリンガル監修者を含めるかどうかによっても異なります。

 

質問: 急ぎの翻訳依頼にも対応できますか?
答え: はい、お客様のご希望に応じて迅速に対応いたします。ただ特急料金として20~50%増しの翻訳料金となります。

 

質問: 翻訳を分納してもらうことは可能ですか?
答え: はい、お客様のご希望に応じて対応いたします。お気軽にご相談ください。

 

質問: 翻訳の納期目安はどのくらいですか?
答え: 一般的に一日の翻訳文字数は3000文字程度ですが、原稿の内容や難易度により変動いたします。案件ごとに納期は異なりますのでご相談ください。