台湾支社始動!台湾翻訳サイト開設!

弊社パル株式会社は、これまで中国語専門翻訳会社として営業してまいりました。

一言で中国語と言っても、実は地域によって様々です。

とはいえ、大きく分けると、簡体字と繁体字になります。

簡単に言いますと、

簡体字は中国本土で用いられる言葉、

繁体字は台湾・香港・マカオで用いられる言葉です。

 

弊社としては、これまでも簡体字繫体字どちらの翻訳にも対応してまいりました。

このたび、台湾に新たに支社を設立し、繁体字翻訳により力を入れていくこととなりました。

4つの約束(中国語翻訳)

 

なぜわざわざ台湾支社を設立し、台湾翻訳専用サイトまで開設したのか。

これには弊社の理念が大きく関係しています。

 

実際のところ、簡体字と繁体字の違いは単純な文字の違いだけだと思っておられる方が多いのではないでしょうか。

これは大きな間違いです。

言語は単純な言葉だけのものではありません。

そこには、文化や歴史など様々な要素が関係してきます。

それもそうです。中国本土と台湾では、教育制度や文化、様々な理念や方針が異なります。

当然、用いられる言葉も、それぞれの文化に応じて変化していきます。

とりわけ、最新の用語や日常用語に関しては全く違う表現がなされることが多々あります。

AIでの単純な翻訳では、なんとなく意味が伝わる翻訳はできても、ネイティブの心に届く表現へは翻訳できません。

 

弊社は人の心に突き刺さる翻訳を目指しています。

近年ウェブを通して物やサービスを売り買いするのが当たり前となっています。

顔が見えない相手をどうしたら信用してくれるか。

どうしたら購買意欲を刺激できるか。

ウェブという限られたメディアで信頼を勝ち得るには、

文字に絶大な力を持たせなければなりません。

そして、そのためには、

現地の生きた言葉を肌でふれ、

最新のトレンドに敏感であることが不可欠であると考えています。

 

越境ECやインバウンドの需要が高まる今、

中国語専門翻訳会社としての責任と役割を果たすため、

新たに簡体字と繁体字を差別化し、

それぞれの言語のプロとしての責務を果たしてまいります!

 

 

少し熱くなってしまいました・・・。

つまり、台湾にも力いれていきますよ、ということです。

でもまだサイトは要調整・・。

これからそれぞれを差別化していきます。

 

台湾翻訳ご希望の方、

まずお気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す