IP遮断の中国語

営業の高橋です。

中国はサイバー攻撃が日本とは比べ物にならないほど多いと思います。

サーバーというとクラウドサーバーが中国では主流ですが、

ホスティングサーバーいわゆる共用サーバー、シェアサーバーと言われるサーバーがあります。

同じサーバーにたくさんのサイトが入っているサーバーです。

 

これのサーバーの中のサイトの一つが攻撃を受けたときに、

同じサーバーのサイトも大きな影響を受けます。

同じサーバーのサイトがファイアーウォールでブロックされたりします。

また、IP遮断というものが生じたりします。

 

攻撃の影響で自社サイトのIPアドレスが遮断されてしまうのです。

そこで、こういう場合はすぐにサーバー会社に連絡を入れてIPが遮断されていると伝えます。

では、このIP遮断を中国語で何というのか?

ネット上の機械翻訳によれば、

IP遮断 = IP隔断

はっきり言うと、こんな表現使う中国人かなり少ないと思います。

 

では次にネット上の辞書で遮断を調べてIPという言葉をくっつけると

IP遮断 = IP遮断

通じないことはないようですが、やはりこれもあまり中国人の中ではメジャーな表現ではないようです。

他の表現では

截断、切断、隔绝

微妙に違うんですよね。

 

「IP遮断」辞書にない言葉です。

現場から学んだ中国語で言いますと、

「IP被拦截」「拦截IP」

これです。

辞書のとおりに話すと時折中国人に「?」な顔をされます。

 

パルの社員はほぼ中国駐在ですので、毎日生きた中国語に接しています。

中国語翻訳のご用命は是非とも弊社までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す