「君の名は。」が中国でも記録的大ヒット-日本映画の初日の興行収入新記録

中国語翻訳会社パルの営業です。

 

今年は、中国における日本映画の歴史的な年となりました。

まず、5年ぶりに日本の実写映画が中国で公開され、中国における日本の実写映画の最高収入を記録しました。

そして「ちびまる子ちゃん(樱桃小丸子)」や「ワンピース(海贼王)」といった、元々中国でも人気のあった日本のアニメの劇場版が、初めて中国でも公開され、特に「ワンピース」の劇場版「ONE PIECE FILM GOLD(航海王之黄金城)」は1億元(約16億5000万円)を超える大ヒットを記録しました。

 

その他にも「ドラえもん新・のび太の日本誕生(哆啦A梦:新·大雄的日本诞生)」と「BORUTO-NARUTO THE MOVIE(博人-火影忍者剧场版)」も興行収入1億元を超え、年間3本の興行収入1億元を超える日本映画が公開されました。

これはもちろん中国史上最多の記録です。

 

そして、日本でも記録的な大ヒットとなっている「君の名は。」が昨日から中国でも公開されましたが、中国でも記録的なヒットとなり、日本映画過去最高の初日の成績を記録しています。

これまでの過去最高は「STAND BY ME ドラえもん(哆啦A梦:伴我同行)」2757万元でしたが、「君の名は。」はそれをはるかに大きく上回る7807万元、日本映画の新記録を大幅に更新しました。

そしてこの興行成績は、同日公開のティムバートン(蒂姆·波顿)監督作「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち(佩小姐的奇幻城堡)」の1900万元、中国では公開2週目を迎え日本でも大ヒット上映中の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(神奇动物在哪里)」の2298万元に圧倒的な差を付けた1位です。

 

このままのペースでいけば、公開3日間のオープニング成績だけで3億元(およそ50億円)に到達するかもしれません。

これまでの中国で公開された日本映画の最高成績は「STAND BY ME ドラえもん」の5.29億元ですが、この映画ですらオープニング成績は1億4800万元と、「君の名は。」の半分程度の成績でした。

「君の名は。」が中国での日本映画興行収入新記録を打ち立てる可能性は十分にあります。

 

ちなみに、「君の名は。」の中国語は「你的名字。」

「你」が「君」、「的」が「の」、そして「名字」が「名前」という意味ですから、ほぼ直訳となっています。

コメントを残す