中国の祝日事情

今日は4月28日日曜日。昨日から日本は10連休だとか。長年中国に住んでいると、日本の動きが時々分からなくなります。とりわけ今年のゴールデンウィークは特殊なため、10連休の実感を感じ取れていません。

弊社は中国側取引先との連絡もとらなければならないので、日本の祝日と中国の祝日を念頭に置いて営業しなければなりません。日本企業様とのやり取りは日本のカレンダーにそって、中国企業様とのやり取りは中国のカレンダーにそって行わなければなりません。

それでも、日本と中国の祝日が重なる日には心置きなく休業することができます。その数少ないチャンスの一つがゴールデンウィーク!

実は中国もこの時期に休暇があるのです。

5月1日は五一劳动节という休日で、いわゆるメーデーですね。勤労感謝の日に近い意味合いを感じます。

通常は5月1日からの4日間が休日となります。今年2019年は、5月1日水曜から5月4日の土曜までが休日です。

5月5日は日曜だから、今年は5連休じゃん!と思う方は、まだまだ中国を知りませんね。

中国はこうした長期休暇の際は、振替休日ならぬ振替出勤日(中国語:补班ブーバン)があるのです。どういうことかというと、通常は休みの日曜に代理出勤あるいは代理登校しなければならないのです。

五一国际劳动节とは?

今年を例にとると、5月1日から4日までが休日。

その代わり、4月28日日曜と5月5日日曜は平日扱いということになっています。

つまり、4連休でも、そのうち一日は土曜日、前後の日曜は平日扱い、実質の休みは5月1日の1日だけです。

うーむ、休んだ気がしませんね………。

しかもこれ、毎年いつが振替出勤になるかは通知されるまで正確には分かりません。なので、数か月前に時点ではみんな正確な日程を特定できません。もちろん規則はあるので、おおよその予測はできますが。

今年は5月1日からの4日間、日本中国ともに休みが重なるため、心置きなく休めます。それを楽しみにあと3日頑張ります!

今日の中国語翻訳【単語】

补班(bǔ bān)=振替出勤

中国語翻訳ならパル株式会社へ!

正確な翻訳はもちろん、Webマーケティングのプロとして、中国日本どちらのSEO対策にも有効なキーワードを選定いたします。

ネイティブ翻訳・中国在住日本人スタッフによるチェック・バイリンガル翻訳者のトリプルチェックで、中国人の心に飛び込む文章に翻訳いたします。

簡体字・繁体字どちらにも翻訳対応いたします。とりわけ、ローカライズに力を入れております。

と申しますのも、簡体字と繁体字には文字以上の違いがあるからです。

中国大陸と台湾・香港では文化や教育背景が違います。

必然的に、用いられる用語も変わってきます。

単純に簡体字の文章を繁体字に自動変換するだけでは、読み手の心に届きません、まして動かすことはできません。

弊社は中国語専門翻訳業者としての責任と誇りをもって、正確かつ自然で力のある翻訳をご提供いたします!

さらに翻訳に限らず中華圏市場攻略のトータルサポートをワンストップでサポートします!

どうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

Mail : info@transcn.jp

Tel : 050-6869-7236

受付時間 : 平日AM10:00~PM17:00

コメントを残す